レディ

国家試験の合格を目指す

カウンセリング

専門知識を身につけます

言語聴覚士は国家資格であることから、文部科学大臣が指定する学校で、既定のカリキュラムを受講したのち受験資格をえることができるものです。学校には3年から4年生の大学のほか、専門の養成所などが挙げられます。すでに4年生の大学を卒業している場合でも、専門の学校を2年通うことで受験資格を得ることができます。言語聴覚士の資格を取得すると、失語症や病気で声を失った人のサポートなどができます。嚥下がうまくできない高齢者などのサポートも行うことができるため、高齢化社会の日本ではニーズが高まってきています。社会的貢献度が高く、医療や福祉との連携をして働くことができるやりがいのある仕事といえるでしょう。学校では医学分野や歯科医学分野、言語学や聴覚学、心理学など言語聴覚士として必要な知識を習得することができます。体系的に知識や技術を身につけることができ、カリキュラム終了後は国家資格の受験資格を得ることができるのが、言語聴覚士の学校になります。専門の知識を文部科学大臣が指定する学校で学ばない限りは、取得することができない資格の一つなのです。資格を取得するのに必要な知識を学ぶことができるため、学校で学んだことをしっかりと身につけることができれば、国家資格に合格ができるのです。資格取得後は医療の現場などに就職ができ、学校で学んだ知識や技術をそのまま現場で活かすことができるのです。言語聴覚士になるには必ず専門のカリキュラムの受講が必要になるのが特徴です。